私がゴールドコーストのブロードビーチに住んだ理由

✧Australia✧
Sponsored Links

こんにちは、miです。

私はゴールドコーストに滞在していた時、ブロードビーチに住むことを決めました。

結果的にこの場所は選んで良かったと思っているので、住む場所を決めるまでの過程と、ブロードビーチに決めた理由を紹介します。

ゴールドコーストで住む場所を迷われている方に参考になればと思います。

Sponsored Links

ゴールドコースト居住候補地

私が住む場所を調べている中で候補地となったのが、サーファーズパラダイス、サウスポート、フロリダガーデンズ、ブロードビーチです。

車を持つ予定はなかったので「トラム徒歩圏内」という条件のもと探しました。

シェアハウスは11件見学に行き、様々な場所の家を見てきました。その中でもブロードビーチのシェエアハウスがダントツに気に入って最終的にはそこに4ヶ月程住みました。

家探しをしていた時の候補地とした場所の特徴を下記にまとめました。

サーファーズパラダイス

ゴールドコーストといえばサーファーズパラダイス。一番の繁華街です。どこへ行くのにも便利で娯楽もあり、生活には困りません。私の語学学校もサーファーズパラダイスに位置しておりました。

【良い点】

  • 買い物に困らない。
  • ナイトクラブ等も充実していてナイトライフも楽しめる。
  • サーフィンができる。
  • 日本食レストランがある。
  • ゴールドコーストの南へも北へも行きやすい立地。

【懸念点】

  • サーフィンはできるがビーチに人多い。
  • 車通りが多い。
  • シェブロン島など一部治安が悪いと言われる場所もある。

サウスポート

中華街や語学学校があり、比較的アジア人が多いと言われている地域です。大型ショッピングセンターのオーストラリアフェアもあり、アジア料理店も多く点在してます。私が通っていた日本人向けの病院もこちらにありました。サーファーズパラダイスまでもトラムで15分弱で行くことができる便利な場所です。

【良い点】

  • アジア人やアジア料理が多く日本人にとっては住みやすい。
  • ショッピングセンターが近くにある。
  • 日本食レストランがある。
  • 学校に通いやすい。
  • 図書館がある。
  • ブリスベンに行きやすい。

【懸念点】

  • 地域によっては治安が良くないとされる場所もある。
  • 夜は暗い。
  • 少し内地のためすぐにサーフィンに行けない。

フロリダガーデンズ

フロリダガーデンズはサーファーズパラダイスとブロードビーチの間の駅です。立地的には便利な場所でどちらに行くにもすぐに移動できます。ただ、繁華街ではないので賑わいを求める方は少し退屈に感じてしまうかもしれません。

【良い点】

  • 静かで住むには穴場的な場所。
  • サーファーズパラダイスとブロードビーチの中間という立地。

【懸念点】

  • ショッピングセンターがすぐ近くではない。
  • 自転車や車があると良い。

ブロードビーチ

現地のオージーは富裕層が多く住むと言われている地域で、綺麗で治安が良いです。The Starというカジノ大型ショッピングセンターのパシフィックフェア、ホテルが多く点在します。サーファーズパラダイスにはトラムで10分程度で着きます。

【良い点】

  • 治安が良い。
  • カジノでナイトライフが楽しめる。(映画も無料で見ることができる。)
  • 買い物に困らない。
  • サーフィンができる。
  • 図書館がある。
  • Broadbeach Southはトラムの始発駅のためサーファーズパラダイス方面行きの場合必ず座れる。
  • ゴールドコースト空港行きのバスの発着地である。

【懸念点】

  • サウスポートやブリスベンに行くには少し遠くなる。

ブロードビーチを選んだ理由

まさに前章で述べた【良い点】が理由です。

治安が良い。

小学校があり、大きな家も多い。大型ホテルも多く夜もある程度明るい。

カジノでナイトライフが楽しめる。(映画も無料で見ることができる。)

カジノは24時間営業でバーやホテルも併設。無料会員になれば無料で最新の映画を見ることもできるので何度か活用していました。

買い物に困らない。

パシフィックフェアはゴールドコースト最大のショッピングセンターです。構造が近代的でファッショナブルな建物です。ブランドショップから服屋、飲食店、大型スーパー2店舗が入っていて暇なときはいつもパシフィックフェアにいました。

サーフィンができる。

海側にでればいつでもサーフィンができる環境でした。2時間で25ドルでサーフウェア、サーフボードの貸出を行っている業者がビーチの近くにあったので気が向いたときにサーフィンをしていました。

図書館がある。

パシフィックフェアの後ろ側に図書館があり、本を呼んだり借りたり、パソコンを使ったり、印刷をしたりすることができました。レジュメ作りと印刷は図書館で行いました。

何のビザで滞在しているか伝え、現住所を確認できるものとパスポートを提示すると期限付きの会員証を発行してくれます。そうするとパソコンや印刷を利用できるようになります。

Broadbeach Southはトラムの始発駅のためサーファーズパラダイス方面行きの場合必ず座れる。

ゴールドコーストに走るトラムは1本です。Broadbeach South駅からHelensvale駅までで始発から終点まで45分程度です。

サーファーズパラダイスへはトラムで10分程度ですが始発のため必ずと言って良いほど座れます。(日本のように混むことはありませんが笑)

ちなみにブロードビーチからサーファーズパラダイスまでは自転車で20分程度で行くことができます。

ゴールドコースト空港行きのバスの発着地である。

空港はブロードビーチよりも南に位置しています。トラムはなく、バスで行く方法が便利です。700または777の番号のバスで約40分でゴールドコースト空港に着きます。

この2つの路線は10〜15分間隔で運行しているので大変便利です。値段はGo Card(クイーンズランドのSuicaのようなもの)を使って片道3〜4ドル程度でした。めちゃくちゃ安いです!

 

 

程よく賑わっていてサーフィンもすぐに行ける、トラムもバスも近くにあるブロードビーチが私にとってはパーフェクトでした。もちろんゴールドコーストよりも北上にあるブリスベンに行くには少し時間がかかりますが毎日行くわけではないので問題ではなかったです。

ブロードビーチで見つけたシェアハウスも素晴らしいところでしたので良ければシェアハウスについても体験談も呼んでみて下さい♪

ではまた次回 😯

Follow mi~!

0

Comments

PAGE TOP
Copied title and URL