How to be an Uber Eats partner in Japan!! 日本でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方法!

✧English Blog✧
Sponsored Links

 

※Written in English on the top, Japanese on the bottom each paragraph. 

※各章ごとに上段が英語、下段が日本語です。

 

Hi! I’m mi 😛

Today I’m going to write about how to be an Uber Eats partner by bicycle!

If someone wants to work as an Uber Eats partner in Japan, this article will help you!

I think this job is perfect because,,,

  • you can earn money easily.
  • you can start immediately.
  • almost Everyone can work including foreigners.
  • you can work everywhere and whenever we want.
  • you don’t have to communicate with other people too much, if you don’t know the language, don’t worry about that.
  • you don’t have to calculate money.

It is perfect, isn’t it??

If you like cycling or exercise, it’s gonna be a good job for you. Even woman I can did it.


今日は、自転車でUber Eats配達パートナーとして働く方法を書いていこうと思います。

私は1年オーストラリアに滞在しており、その間自転車を利用して何度もUber Eats配達パートナーとして働きました。

Uber Eatsの仕事は個人的にはとても良い仕事だと思います。

なぜなら、好きなときに、誰でも、簡単に稼ぐことができるからです。注文者とのコミュニケーションも、お金の計算もすることなく自分のペースで働くことのできるUber Eats配達パートナーはとても魅力的ではないでしょうか!

Sponsored Links

What is Uber Eats partner?? Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとは?

Nowadays Uber Eats is very famous in the world, but I didn’t know about this before I went to Australia (2018).

Actually Uber Eats started in Tokyo on 29.9.2016. It is new here! Some of my Japanese friends don’t know about it yet, on the other hand, most of my foreign friends already knew it.

Uber Eats is a food delivery service.

Uber Eats partners are belonged to Uber, not restaurants.

Below is the overall flow. ①→⑦

Customer Uber Eats Restaurant Uber Eats partner
①Order food on the app ②Request to the restaurant and the driver ③Prepare food ④Go to the restaurant and pick the food up
⑥Receive food ⑦Process payment from the customer and salary for the Uber Eats partner ⑤Carry food to the customer

 


Uber Eatsは世界でとても人気のフードデリバリーサービスですが、日本で始まったのは2016年9月29日からなのでまだまだ新しいですね。

実際私は2018年にオーストラリアに行く前はUber Eatsの存在を知りませんでした。

最近は広がり始めていますが、日本では知らない方はまだまだいると思います。

配達パートナーはレストランのもとではなく、Uberのもとで契約をして個人事業主として働きます。

お客さん Uber Eats レストラン Uber Eats配達パートナー
①アプリで食べ物を注文する ②レストランへ注文、配達パートナーを手配 ③注文を準備する ④レストランに行き、注文を引き取る
⑥注文を受け取る ⑦アプリ上で注文者に請求、配達パートナーに報酬の支払い ⑤商品を注文者のもとに届ける

 

How to start a driver ドライバーになる方法

  1. Register your account at Uber’s web site.
  2. Choose a bicycle or motor bike or car.
  3. Upload necessary documents and profile picture.
  4. Register your bank account.
  5. Install Uber Eats partner’s application.
  6. Go to the Uber partner center. At the moment, Japan has 9 centers. They will explain you about this job.
  7. Get Uber bag. The deposit is 4,000 yen. You don’t have to pay it instantly, this money will be discounted of your first services. ( I got uber bag from my friend.)
  8. Let’s get started WORKING!!
  1. Uberのウェブサイトから自分のアカウントを開設する。
  2. 自転車かバイクか車の中から配達方法を選択する。
  3. 必要な書類や写真をアップロードする。
  4. 銀行口座を登録する。
  5. Uber Eats配達パートナー用アプリをインストールする。
  6. Uberパートナーセンターへ行く。今のところ日本には9箇所あり、スタッフがUber Eatsについて説明をしてくれる。
  7. 配達用バックをもらう。デポジットは4,000円だが現金で払うのではなく、稼いだ額から天引きされる。(ちなみに私は友達からバックをもらいました。)
  8. 働く!

How to work 働き方

  1. Open your Uber Eats partner app.
  2. Press the online button.(IMAGE①)
  3. When you receive order, press the button to accept it.(IMAGE②)
  4. Go to the restaurant! You just follow app which shows you how to go there.
  5. Pick the food up at the restaurant. You can ask “Is the order for ○○ ready??” = “○○sama no ryo-ri dekitemasuka??” in Japanese.
  6. Go to the customer’s place. You just follow app which shows you how to go there.
  7. Give food to them. You can say “Thank you”=”Arigato-gozaimashita” in Japanese.
  8. DONE!!
  9. When you would like to finish or take a rest, you can press offline button.(IMAGE③)

  1. アプリを開く。
  2. オンラインボタンを押す。(IMAGE①)
  3. 注文が入るとその注文を受けるかどうかのボタンが表示されるのでそれを押す。(IMAGE②)
  4. 表示されたレストランに注文の食べ物を取りに行く。道はアプリが案内してくれる。
  5. レストランに行き注文ができあがっているか確認し注文番号を確認した上で受け取る。アプリ内の受け取りボタンを押す。
  6. アプリが示すのいる場所へ行く。
  7. 注文の品を引き渡す。
  8. 終わり!
  9. 休みたい時や配達を終わりたいときは、オフラインボタンを押すと注文を受注しなくなる。(IMAGE③)

 

Basically one delivery takes 15~20 min. You can earn about ¥500 each order.

Uber will transfer the money you earned during the week to your account every week. You can check it on Uber app.

In Japan, you can use Docomo bike share service. Even if you don’t have a bicycle, no problem!!Moreover, these bicycles are electric!

It costs 4,000 yen a month to rent a bicycle if you resister as a Uber Eats partner. You need to send an email to docomo share bike to set up.

I have taken this bicycle in Australia. I bought it second-hand.


基本的に1つの注文につき15〜20分で完了し、報酬はおよそ500円程度が平均ですが、その報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。週に一度登録の銀行口座にUberから振り込まれます。

また、日本にはドコモシェアバイクという電動自転車レンタルシステムがあり、Uber法人契約で借りて働くこともできます。法人契約の場合、月に4,000円で乗り放題になります。

私はオーストラリアで中古のマウンテンバイクを使っていました。

Docomo share bike

Tips コツ

Mobile battery is necessary.
携帯用充電器必須。
Light and a reflector are necessary.
ライトや反射板は安全のためつける。
Work a lot when boost promotion is available, because you can earn more. Your fare will multiply at specific time and area. You can check it in your app.
ブーストと呼ばれるプロモーションの時間帯に指定された地域で働けば通常より多く稼ぐことができる。
While you are waiting for an order, you should wait better at the place where a lot of restaurants are located.
注文を待つ時はなるべくレストランが多く集まる所に待機する。
When the restaurant prepares food late, you need to notify customers that you might be late. (I was got a bad evaluation because of the waiting time once. You can evaluate the restaurant and the customer as well.)
もしレストランの準備が遅れて、配達が遅れそうな時は事前に注文者に連絡をする。
It’s better to bring at least 2 bottles of water.
かなりの運動量になるので最低2本は水を持っていく。
It’s better to bring chocolate or something sweet.
チョコなどの甘いものを持っていってエネルギーを補給する。
Apply sunscreen.
日焼け止めを塗る。
A phone holder is indispensable.
自転車にスマホホルダーを設置すると楽。 
My recommend one↓スマホホルダーは防水性のものがおすすめ。↓

 

Although I didn’t see many women partners, women can do it like me.

I like sports, I wanna get fit!

This is a good job for women as well(*^▽^*)

女性配達パートナーはまだ少ないものの、私のように女性でも全然働くことはできます!

運動もできてお金も稼ぐことができる一石二鳥の仕事だと思います♪

 

Uber Eatsの配達パートナーの仕事のみで生計を立てていたメルボルンの友達の話も紹介しています。なんと月30万円稼いでいたそうです!!

Follow mi~!

0

Comments

PAGE TOP
Copied title and URL