Japanese Common Sense is Not Common in the World?! 日本の普通が世界の普通じゃない?!

✧English Blog✧
Sponsored Links

 

It’s written in English&Japanese!日本語と英語で書いてるよ

 

Hello~~こんにちは!I am mi(*^^)v

I would like to talk about Japanese common sense today.

I never had had any doubts about Japanese common sense until I graduated the University in Tokyo. Because I hadn’t had any big problems about Japanese common sense. I just thought Japan is really peaceful country. After graduation, I started working at a Japanese travel agency. Then,,,I got to have many doubts about common sense or practice about work in Japan. The doubt is like…

Japanese works too perfectly, which causes overworking, and overworking is common.

This is that I really couldn’t understand. I had worked at the travel agency for 3.5 years, after that I escaped to Australia. Australia is really different from Japan. I also had met a lot of people from various countries. I had noticed more differences of common sense between Japan and other countries. Of course some of these differences are good and some are bad, or depending on the way people think.

The reason I started thinking about Japanese common sense was my previous job in Japan and my life in Australia.

Anyway I enumerate Japanese common sense which is different from other countries in my own way.


東京の大学を卒業するまでは、特に日本の常識について疑問を持つこともありませんでした。疑問を持つようなこともなく平和に暮らしていたからです。しかし、大学卒業後に旅行会社で働きだしてから、多くの疑問を持つようになりました。それは、日本のサービスは完璧を求めすぎているからこそ従業員に過労が発生し、残業も普通のことと捉えられているという点です。定時とは何か?皆が忘れ、2時間残業で帰ることができる日はマシ。という考えが私の会社では普通でした。私はその考え方に納得することが一度もできず、反抗することも多かったのでしょう。私は新入社員にしてジャックナイフと呼ばれるようになります。

旅行会社に3.5年間勤めた後、オーストラリアに1年間逃げました(笑)労働に疲れたこと、視野を広げたい、英語を学びたい、海外の友達が欲しい、今しかできないことをしたい、という様々な理由からです。オーストラリアは日本と異なる部分もたくさんあり、そこでは様々な国の人達と出会うことができました。その経験から日本では普通だと思っていたことが普通ではないと良くも悪くも気づくことが多々ありました。文化や常識の違いはとても興味深く、外国の友達とその違いについて話題になることもありました。

このように私が日本の常識について疑問を持つようになったのは、日本で旅行会社で働いた経験と、オーストラリアで様々な国の人たちと出会った経験からです。

下記、私なりに日本の常識が世界の常識ではないと感じたことを列挙してみます。良いことも悪いこともあると思います。


Sponsored Links

Japanese common practice of working 仕事に関する日本の常識

I mentioned Japanese common sense of working in my second article “Good points and Bad points of working in Japan” as well. If you have time, please check it too(*’▽’)

以前に「日本で働くことの良い点と悪い点」という記事を書いているので時間があればぜひのぞいてみて下さい!

Anyway work for long time! とにかく長時間労働

I can say overworking is really common in Japan. In my previous company, there were too many tasks that we have to do. I really didn’t like forced overtime job, but I had to overwork. There is “No overtime working day” twice or three times a month, but it means the other days are overtime working day. haha

I could get overtime payment, but some companies don’t pay it to employees. One of my friend overworked for 100 hours a month, but they got only 10 hours overtime payment. That’s terrible. Some older people that I know said to me “you are lucky because you can get overtime payment.”… It’s common to overwork in their mind. I don’t think I was lucky at all.

I think Japanese forget finishing work on time. They start working early and finish late.

In Australia, I heard office workers can finish working on time. It is common. Also on Friday, they can go home early! (Of course not all company) Actually I saw many people like office workers drinking at early time even weekdays. My host father in Australia usually came home early as well. I like their life style very much.

Nowadays I heard overworking is decreasing in Japan, but there are still those who have to overwork.


現在では日本の会社も残業が減りつつあると言いますが、私の以前勤めていた会社をはじめ、日本では残業することは普通という意識の会社が未だに多いと思います。私はするべき仕事が多すぎて毎日のように残業を強いられていました。月に2.3回「No残業DAY」が設定されていましたが、これは裏を返せばそれ以外残業DAYということです。就活時にNo残業Dayを推してくる会社は危ないです。(笑)

残業代は払ってくれる会社でしたが、中には残業代が支払われないサービス残業を強いられる会社もあります。月100時間の残業をさせられ、10時間分の残業代しかもらえないという知り合いもいました。信じられませんね。。私の周りには「残業代をもらえるだけありがたいよ」と言う年配の方もいましたが、そもそも残業をすることが根底にある考え方に納得ができませんでした。(ジャックナイフは簡単には納得しません。)

仕事を始める時間には決して遅れてはいけないという意識が強い反面、仕事を終える時間に関してはルーズなところが多いです。どうして。

一方、オーストラリアの会社はほぼ定時帰りということを聞きました。金曜には仕事を早く終える会社も多いそうです。ホームステイ先のホストファザーは実際夜六時には家にいることも多く、街中でも早い時間から飲み始めている人たちも多く見ました。時間通りに仕事を終えてあとは飲み!BBQ!ビーチ!みたいな人が多く、オーストラリア人の余裕のあるライフスタイルがとても良いなあと感じました。

Arrive before at least 10 min 10分前行動

When it comes to working, we must get ready at least 10 min before starting work. This is really common. Some people get ready 30 min before starting( ;∀;) If freshman, they must be careful about the time. For example, when I arrived a meeting 5 min before starting, but everyone already got ready. Everyone had been waiting for me(゚∀゚) The meeting started after I had arrived, even it was still 5 min left. I felt as if I was late…

Even private meeting, most of Japanese are punctual. (I am usually late. Of course some of Japanese are lazy like me. haha)

In Australia, some of my Latin friends were always late. hahaha This is Latin time??(=゚ω゚)ノ

Do you know Japanese trains always run on time?? It is wonderful. For example, some trains come every 3 min!!


日本では10分前集合が当たり前ですね。仕事となると10分前にはパソコンを開いて仕事を始められるようにしておくという感じですね。早い人は30分前から来ていたり・・・。

ある会議で私は開始の5分程前に到着したのですが、私以外の人は皆準備万端、私の到着を待っているという状態でした。5分前にもかかわらず着くとすぐに会議が始まり、まるで遅刻した気分でしたが遅刻はしてません。うーん。笑

友達と合うときなども日本人は時間に正確という印象です。南米の友達は待ち合わせ時間にいつも遅刻、連絡すると、これからシャワーを浴びて準備するねという感じでした(笑)日本人とはいえ私も時間前行動ができない方なのでラテン時間、いいと思います。(笑)

あと、日本の電車やバスは本当に時間に正確ですよね。感動します。オーストラリアのバスはもちろん、電車も突然ホームが変わったり、運休したりすることもありました。でも思っていたよりはちゃんと来ます(笑)

The Customer is like god. OMOTENASHI spirit is important. お客様は神様。

The customer is always right. Even the customer is wrong or selfish, sometimes we have to apologize for them. What they say or they do is right.

In Australia, I wanted to try on a cloth at a cloth shop, it was about 15 min before they closed, but they didn’t allow me to try on it( ;∀;) And many shops prepare to close from 10 min before they close. I haven’t seen like this scene.

On the other hand, I can see many people after closing time in Tokyo Disney Resort. Even it’s already 30 min after closing time, I could stay in the park. It ’s an extreme example. Tokyo Disney Resort is too kind.

I think Japanese kindness is good for customers, while, sometimes bad for workers. It causes overworking.


お客様は神様精神、おもてなしの精神、日本はすごいと思います。自分がお客様側でいる限り、最高のサービスを受け、とても快適に過ごせます。ただ、提供する側は大変です。完璧なサービスを提供するあまり過労に繋がるという場面もあると思います。

オーストラリアの服屋さんで、閉店15分前くらいに試着をしたいと店員に言うと、閉店もうすぐだから無理とばっさり切られました(笑)どの店も10分前にはシャッターを半分閉めて閉店準備、彼らの早く帰りたい気持ちが伝わってきます。

一方で、東京ディズニーリゾートって閉園時間30分過ぎたところでお客さんがまだ普通に徘徊してますよね(笑)お土産もまだ買えます。ディズニーは極端な例ですが、日本のお店はお客さんにとても甘いです。

Japanese common practice in general life 日常における日本の普通

Open 24 hours 24時間営業

There are a lot of convenience stores, supermarkets, and restaurants opening for 24 hours. These are very convenient for customers. Those who work until midnight can buy something to eat. haha

I didn’t see many stores opening for 24 hours in Australia. Sometimes it was inconvenient.


コンビニ、スーパー、レストランなど、24時間営業のお店は日本にたくさんあります。たとえ残業で夜中まで働いても食べ物に困ることはありません。(笑)

オーストラリアにも24時間営業のセブンイレブンやラーメン屋さん、アジア料理の店などが少しありましたが多くはありません。その点に日本は便利です。

Sorry and Sorry すみません

We say “sorry” many times in Japan. This means “I’m sorry”, “excuse me”, and “thank you”. That’s why we say “sorry” in English, too. It’s Japanese habit.


「すみません」は様々な意味で使いますよね。つい英語でもSorryを言いがちなのですが、なんでそんなに謝るか疑問を持たれます。(笑)

Tell their opinion indirectly. They have politeness called “社交辞令”.

I think Japanese can’t tell their opinion directly, because they are afraid that their words hurt someone. Always they say something indirectly and softly. I would say it’s Japanese culture. They don’t usually say just “No”. Japanese care about politeness, called “shakoujirei 社交辞令”.

But because of this politeness, sometimes we can’t be understood or we are thought that we are indecisive by foreigners. I found that telling something to someone directly by polite words is the best. haha


私たちは、相手を傷つけないために、遠回しに物事を言ったり、やんわり言ったりしますよね。また、実際には思っていないことを社交辞令として言うこともあります。特にネガティブな事柄については直接的に伝えることは避ける方が多いと思います。

しかし、この社交辞令が相手(外国人)を勘違いさせることが多くあります。優柔不断と思われたり、話がどんどん進んでしまったり。社交辞令とは何かを外国人に説明したことがありましたが、理解し難いようでした。確かに、私たちが自然に行っている相手を思った行動なのですが、それは日本の文化です。私も言われるまで気づきませんでした。もう面倒くさいので、言いたいことははっきりと言葉を選んだ上で伝えるのが良いです。私も外国人と話しているうちにはっきりと「Yes」「No」を言うようになりました。

Don’t call in a train and bus 公共交通機関電話禁止

In Japan, we are not allowed to call in a train and bus. On the other hand, we could call even in a train and bus in Australia.

If you call in a train and bus, everyone is hearing your conversation carefully😏


日本の電車やバスでは電話はご遠慮下さいですね。もし電話してる人がいれば皆耳をすませて聞いていると思います笑

オーストラリアでは車内で電話は普通なので皆気にせずにしています。

Wear masks マスクをすること

I didn’t know wearing a mask is strange for some people from foreign countries!! When once I wore a mask to my English school, some people mentioned about my mask.haha After that, I never wore a mask in Australia!


オーストラリアで風邪をひいた時にマスクをして英語学校に登校したのですが、物珍しそうに見てくる外国人が多く、strange!haha と言って笑われました(笑)こいつに風邪を移してやろうと、それ以来オーストラリアでマスクをすることはなくなりました。

Behavior is determined by age 年齢による行動の区分

I feel Japanese have the right way of their life. University→work at some company over 3years→earn money→get married from 20s to early 30s→get child in the early 30s. They think this is the typical and good life. I feel behavior is determined by age. I think Japanese care about their age too much. I believe happiness is always dipending on person. We can do what we want. Don’t need to care about what other people say to you, I think.


私の考えですか、多くの日本人は正しい人生というイメージがあるように感じます。良い大学を出て就職し、3年以上は正社員として働いて、経歴を固めお金を貯めた上で、20代から30代前半で結婚、出産。年齢によって取るべき行動が決められてしまっていて、そこを外れると普通ではない、と見なされる空気を感じます。普通とは何か、普通であることが良いのか、疑問に思いました。人の幸せは人それぞれです。「もうすぐ30なんだからそろそろ落ち着いたら?」「日本帰ってきなよ」親切のつもりで言ってくれてる言葉でも、人生の選択は人それぞれです。大勢のやることが正しい、言うことが正しいとは限らないと思います。

 

 

Thank you for reading this article. I think common sense is based on the culture and history. This is really interesting topic for me. If you know any other unique habits which are different from Japan, please tell me 😀

日本での勤務経験を経て、オーストラリアに住み、また日本に戻ってきて違和感を感じた、日本の普通が普通じゃないかも?の会でした。常識はその国の文化や歴史にも大きく関わるものだと思います。個人的にとても興味深いです。読んでいただいてありがとうございました!

Follow mi~!

0

Comments

PAGE TOP
Copied title and URL